体験談No.10『準夜勤のお仕事でブランクから復帰できました』

特別養護老人ホーム/介護職(介護職員初任者研修
(介護職7年)30代女性 Aさん

私は、5ヵ月前まで日勤のパートでスーパーのお仕事を扶養内で働いていました。
家庭も落ち着き、そろそろ扶養内を外れて仕事をしようと思っていた時にワークステーションを見つけました。

夜勤で働きたいが、久々の介護のお仕事なので体力的に大丈夫かな…、と担当の営業さんに相談したところ準夜勤のお仕事を紹介して頂けました。
ロング夜勤だと14時間~16時間労働が多く体力もきついですが、準夜勤だと8時間労働が多いので体力的にも時間的にも余裕がもてると教えてくださいました。

現在は、週3日でお昼にスーパーでパート勤務をし、週に1回21時~6時までの準夜勤の介護のお仕事をしています!
久々の介護のお仕事は大変ですが、入居者さんと触れ合う事ができる介護の仕事がやはり好きだなと感じています。勤務の日数は増えましたが、日中の時間は空いているのでプライベートも充実しています!しばらくは、この働き方を続けていこうと思います♪
新しい働き方をご提案して頂きありがとうございます!

~ワークステーション 担当者から一言~

Aさんは、登録面談の時からとても明るく話しやすい方でした。今までの介護職経験とそのお人柄から、介護のお仕事をされていないのがもったいないと思いました。
介護職から離れられた理由が、早番・遅番の勤務シフトに入れなくなった為で、介護職は好きだったというお話をお聞きし、今のAさんに合った介護の仕事を、是非ご提案したいと思いました。

介護職は3年程ブランクがあり、体力的にも不安を持たれていたので、応募されたのは一般的なロング夜勤でしたが、勤務時間の短い準夜勤の方が無理なく続けられるのではないかとAさんにお話をして、現在の職場をご提案致しました。

施設長からは、「Aさんは入居者の方としっかりコミュニケーションをとりながら、責任を持ってお仕事をしてくださっています!」と嬉しいお言葉をいただいています。
掛け持ちでお仕事されることは大変な時もあると思いますが、無理をなさらずお仕事頑張って下さい!

体験談No.9『家族と過ごせる時間が増えました』

病院/看護助手
(介護職経験3年)40代女性 Aさん

 これまでは仕事中心の生活で、子どもと一緒にいる時間をなかなか作る事ができませんでした。そこで、家族との時間を大切にしたいと考え、扶養内勤務の仕事に転職することに決めました。

希望条件は、今までの経験を活かせる介護職で「家から近い、車通勤可能、曜日固定勤務」だったのですが、いざ仕事を探し始めてみると、希望に合った仕事を見つけることができず、どうしたら良いか悩んでいました。そんな時、ワークステーションのホームページに辿り着き、気になる求人(週1回の夜勤)を見つけました。夜勤か日勤か、週何回の勤務がいいのか…などまだわからない部分もありましたが、希望条件には合っていたので思い切って応募してみました。

応募すると、すぐにワークステーションの担当者から連絡があり、登録することになりました。本来、ワークステーション本社での登録なのですが、遠方だからということで、自宅近くでの登録対応をしていただき、とても助かりました。
登録では、応募した仕事の説明に加えて、派遣という働き方や今後の流れなどを説明してもらいました。初めての派遣だったので、わからないことを詳しく説明してもらえて安心しました。その時に、自分にはどんな働き方が合っているのかも相談に乗ってくださり、応募した以外の仕事も提案してもらうことにしました。

後日、担当の方から希望に合った日勤の仕事もあると連絡が入り、病院の看護助手の仕事を提案していただきました。今まで老人ホームでの経験しかなかったので戸惑いましたが、担当の方と一緒に職場見学をし、希望条件に合っていて病院スタッフの方が親切だったことから、こちらで勤務することに決めました。

仕事を始めてからは、勤務日が祝日と重なり休みになってしまい、希望していた週2日勤務が確保できないことで悩んでいると、担当の方が必ず週2日勤務となるよう、就業先へ相談し振替出勤日を設定してくださいました。私が家庭と両立して働けるよういつも気を配ってくださり嬉しかったです。

現在、派遣契約を更新して続けていますが、今後も可能な限りこの職場で働きたいと考えています。
転職活動を始めた時は、条件の合っている職場を見つけるのは難しいと感じていましたが、ワークステーションに出会って、希望の職場を紹介してもらえて本当に良かったです!ありがとうございました。

~ワークステーション 担当者から一言~

登録面談でAさんとお話しをした時、ご家族を大切にされている思いが伝わってきました。希望条件がいくつもあることに悩んでおられましたが、働き方は一人ひとり違います。その方にあった職場を提案することが私たちの役目だと、改めて感じたことを覚えています。

今まで、看護助手のご経験はなかったのですが、Aさんと今までの仕事のことやこれからのことをお話しさせていただき、病院の看護助手としても十分に力を発揮していただけるのではと思い、今回のお仕事をご提案しました。当初、こちらのお仕事は曜日固定ではなかったのですが、Aさんのご経験から、曜日固定での就業という条件も快諾いただきました。Aさんが今まで頑張ってこられた結果が、この仕事に繋がったのだと思います。

これからも、末長いお付き合いをよろしくお願い致します。

体験談No.8『自分の希望条件を妥協することなく働けました!』

特別養護老人ホーム/介護福祉士(介護福祉士経験9年)
30代女性 Kさん

 

結婚を機に、パートタイムの介護職に就いていたのですが、勤務施設の“介護”に対する考え方に違和感があり、転職を考えていました。そのことを知人に相談すると、知人の派遣元であるワークステーションを紹介してくれました。

スタッフ登録を済ませたものの、「週2日程度の扶養内、土日祝休み、19時まで勤務、自宅から30分圏内」という希望条件だったので、それに合う就業先が見つかるのか不安でした。
条件が多いかな…と思いましたが、担当の方が希望に沿ったお仕事を提案してくださいました。

初めに提案された施設は、通勤時間以外は条件に合っているところでした。どうしようか悩んでいたところ、担当の方が「妥協せずに判断してくださいね。」と言ってくださったので、他のお仕事も提案していただくことにしました。
その後、提案してもらったのが、現在働いている特別養護老人ホームです。通勤も問題なく、施設の雰囲気もよさそうだったので働くことに決めました。

働き始めた頃、人間関係で悩む出来事があったのですが、担当の方が親身に相談に乗ってくださり、就業先と一緒になって解決してくださいました。
勤務して1年経った頃に、施設から直接雇用のパートで働いてほしいと打診があることを担当の方から聞きました。必要とされることに喜びを感じ、直接雇用のパートとして勤務することになりました。

ワークステーションに登録して、現在の職場で働けたことにとても感謝しています。これからまた、生活環境が変わり転職する時には、ワークステーションに相談できたらと考えております。

~ワークステーション 担当者から一言~

 Kさんは、家事をしっかりしたいという思いから、扶養内の勤務をご希望でした。前職の職場環境で、納得のいかないところがあったとお聞きしていたので、しっかりと職場見学をして慎重にお話を進めていきました。
希望条件が多いので…とおっしゃっていましたが、転職する時はみなさん、少しでも自分に合ったいい条件でと思われるものです。Kさんの理想の職場が見つかるまで、いくつもご提案するつもりでお仕事を探しました。

今の職場は、Kさんにご自身の力を存分に発揮してほしいと思い、ご提案させていただきました。20~30代の職員が多い今の施設は、介護福祉士のご経験があり、以前の職場でも頼りにされていたKさんに合った職場だと思います。

Kさんには、今後もライフスタイルの変化に合わせて、介護のお仕事を続けていただきたいです。お力になれることがあれば、いつでもご相談ください!

体験談No.7『子育てと両立できる職場をみつけられました!』

介護付有料老人ホーム/介護職(介護職経験5年)
30代女性 Mさん

 今まで派遣社員として勤務しており、今回の転職でも派遣で仕事を探していました。仕事をする上での条件が、「小学生二人の子育てと仕事が両立できること」だった為、今の自分に合った働き方ができる“派遣“を選びました。

前職は、訪問介護事業所で高齢者の身体介助や生活支援を行っていたのですが、もう少し利用者の方と関わって働きたいと思い、インターネットで仕事を探していたときにワークステーションのホームページを見つけました。
ホームページで気になる仕事があったのでエントリーすると、担当の方から電話があり登録面談をすることになりました。面談では私の希望条件を聞き、どんな施設が合っているのか相談に乗ってくださいました。エントリーした仕事の他に、特別養護老人ホームグループホーム有料老人ホームなどの施設を提案してもらい、最終的に以前にも勤務経験があり、仕事のイメージがついた介護付有料老人ホームに決めました。

私の外せない勤務条件である「平日のみ週4日×9時~16時まで」も、担当者の方が通常8時間である勤務時間を6時間に交渉してくださり、子育てと仕事を両立できる働き方にすることができました。

勤務している施設は、利用者さんや職員の方も優しい方ばかりで、職場の飲み会などにも誘ってくださるアットホームな雰囲気です。利用者さんとの距離も近く感じられて、思い描いていた仕事ができています。また、派遣社員も施設での勉強会を受けることができるので、私もスキルアップのために参加しています。良い施設を紹介してもらい感謝しています。

それから、私の誕生月にはワークステーションから誕生日プレゼントを送られて来て、とても嬉しく思いました。ありがとうございます。これからも、子育てと仕事を両立しながら、利用者さん目線で仕事をしていきたいと思います!

~ワークステーション 担当者から一言~

 Mさんは、勉強会へ自主的に参加されたり、時間の可能な限りお仕事のことを考えられたりと、仕事への意識がとても高い方です。

今回の転職では、お子様の生活を最優先させた働き方をしたいということでしたので、Mさんの希望された施設で、平日6時間の勤務ができるよう調整致しました。それができたのも施設の方にMさんの仕事に対する熱意が伝わったからだと思います。
派遣契約の更新の際には、Mさんが日々ご活躍されているお話を聞き、嬉しく思っています。

誕生日のお祝いは、ささやかなものでしたが、喜んで頂けて良かったです。
これからも、ライフステージに合わせたお仕事のご提案をしたいと思っておりますので、何かありましたらいつでもご相談ください。よろしくお願いします!

体験談No.6『病院への転職』

病院/看護助手(看護助手経験なし)
40代女性 Hさん

 40代後半になり定年まで続けられる仕事をしたいと思い、前から気になっていた看護助手の仕事を探し始めました。
看護助手のことは、知人の看護師さんを通じて知っていました。60代になっても活躍されている看護助手さんがいるという話がとても印象的で、これからチャレンジしても長く働ける職種だと思い、ずっと気になっていました。

インターネットで仕事を探していた時に、ワークステーションのホームページで、いいなと思う看護助手の仕事を見つけて応募し、後日、登録面談に行きました。
登録面談では、担当の方が看護助手の仕事内容や、紹介先病院の勤務環境などを詳しく説明してくださり、看護助手として働くイメージが湧いてきました。それでも40代で未経験職種へ挑戦するのは不安でしたが、同じ病院にワークステーションから紹介された看護助手さんが活躍されていることや、未経験で入職された方がいることを聞き、看護助手で働く決心がつきました。

入職後は一から覚えることばかりで、特にオムツ交換・入浴介助など不慣れな介護業務は想像以上に大変でした。そんな中でも患者さんに名前を覚えてもらい、感謝されることにやりがいを感じ、頑張ることができています。また、同じ職場にワークステーションから紹介された職員さんがいて、声掛けやフォローをしてくださるので、安心してお仕事に取り組めています。

最後の転職にしたいと思って出会った職場が、今の病院で本当に良かったと思っています。ありがとうございました。

~ワークステーション 担当者から一言~

Hさんは面談時から、明るく前向きな方でした。看護助手のお仕事についても事前に調べておられ、転職後は看護助手の資格も取得したいなど、今回の転職にとても熱意を感じました。
ご年齢と未経験職種ということに不安を感じておられたので、「40代×未経験×教育体制が整っていること」を念頭に置き、ご提案する病院を考えました。それから、ご紹介する際には、こちらの病院の職場環境やポイントとなること(賞与・昇給・休日・勤務時間など)をお伝えし、なるべく働いた時のイメージがつきやすいようにしました。

先日、病院職員の方からHさんが明るく頑張っていると聞き、嬉しく思っています!看護助手は大変だと思いますが、本当にやりがいのある仕事です。これからも頑張ってください!!応援しています。

体験談No.5『初めての福祉施設』

特別養護老人ホーム/介護職
(看護助手経験3年)30代女性 Yさん

 病院で看護助手として働いて3年が経ち、仕事に少し余裕が出てきた頃、福祉施設での仕事に興味を持ちました。患者さんのおむつ交換等の身体介助をしていく中で、このスキルをもっと高めて「介護のプロになりたい!」と思ったからです。

その思いを知り合いの看護師さんに相談すると、「それなら一度、派遣会社の人に相談して福祉施設について話を聞いてみたら?」とアドバイスをもらい、その看護師さんの登録しているワークステーションを紹介してもらいました。

初めての派遣登録でドキドキしましたが、女性の営業の方でとても話しやすく、今までの仕事経験から介護のプロになりたいという思いまで真剣に聞いてくださいました。子育てに支障のないように働きたいことや、今までの収入はキープしたいという私の重視している希望条件も考慮しながら、どんな施設があっているのか親身に相談に乗ってくださり、ワークステーションに相談して本当に良かったと思いました。

その後、現在の特別養護老人ホームを紹介していただき、派遣勤務をしています。
初めての福祉施設でまだ不慣れなことや大変なこともありますが、職員の皆さんに「Yさんに来てもらって本当に助かるわ!」と声を掛けていただき、毎日が充実しています。
これから気持ちに余裕ができたら、まずは初任者研修の資格を取得しようと思っています!

~ワークステーション 担当者から一言~

 Yさんと初めてお会いした時の笑顔を見て、「福祉施設で活躍される方だ!」と確信しました(私の直感です…)。
その後、今までのご経験や子育てをしっかりとしながら仕事も頑張りたいという想いを聞き、ご紹介する施設を考えました。まず、看護助手経験のみで介護の資格をお持ちでなかったYさんには、介護職員さんが沢山いる環境でお仕事される方が資格取得に有利だと思い、ご本人の希望でもあった福祉施設に絞ってお話させていただきました。そこから福祉施設の中ならどこがいいのか(有料老人ホーム特別養護老人ホーム介護老人保健施設など)を考えました。無資格から始められて、子育てに理解のある働きやすい施設はないかと探したところ、現在勤務されている特別養護老人ホームに決まりました。

勤務先の施設からは「笑顔が本当に素敵でよく頑張ってくれて、Yさんが出勤したらフロアが明るくなる!」と、嬉しい報告を受けています。
Yさんがご活躍できる職場を紹介できて本当に良かったです。これからも頑張り屋のYさんの笑顔が続くよう、全力でフォローさせていただきます!

体験談No.4『未経験から看護助手にチャレンジ!将来の夢もできました』

病院/看護助手(看護助手経験なし)
20代女性 Iさん

高校卒業後、やりたい仕事がなかった私は接客業を中心に働いていました。

ある日、久々に会った友人から彼女の勤め先である病院の話を聞き、”医療業界で働くこと”に興味がわきました。それまで医療業界とは無縁だったので「今の自分でも医療に携われる仕事はあるのかな?」と少し不安に思いながら、まずはインターネットで医療関連の仕事を検索してみました。そこでワークステーションのホームページを見つけてからお仕事を紹介してもらうまで、本当にあっという間でした。

インターネット応募をすると、担当の方から「これからのキャリアプランや希望をお伺いしたいので会ってお話ししましょう!」とすぐにご連絡いただきました。実際にお会いして話す中で、初めて看護助手という仕事を知りました。担当の方が親身になって相談に乗ってくださり、医療業界で働くことが実現するかと思うとワクワクしたことを覚えています。

その後、紹介していただいた病院には、ワークステーションの派遣スタッフがたくさん勤務されていて、初めて看護助手として働く私も安心して仕事をスタートすることができました。そして、身近で働いている看護師さんの姿を見て「もっと幅広く患者さんの役に立ちたい、看護師になりたい!」と思うようになりました。

医療業界で働いてみたいという漠然とした思いを、看護師になりたいという夢に変えてくれたのは、お仕事を紹介していただいた後も、何かと私のことを気にかけて相談に乗ってくださった担当の方のお陰です。未経験の私に合った職場と素敵な仕事に出会う機会を与えていただき、感謝しています。

~ワークステーション 担当者から一言~

初めて電話でお話した時に、とても丁寧な口調で感じが良かったのでつい話が長くなってしいました。すみません。

医療業界は初めてで不安とのことだったので、しっかり教えてくれてサポート体制の整っている職場が一番だと考え、今の職場(病院)を紹介致しました。

看護助手として成長され、いつも前向きにお仕事に取り組まれている姿を見てパワーをもらっています。これからも将来の夢にむけて頑張って下さい!

体験談No.3『笑顔になれる職場で楽しく働いています!』

介護施設/介護福祉士
(介護福祉士経験8年)20代女性 Sさん

 以前の職場は人間関係が複雑で雰囲気が悪く、全く楽しいと思えない職場でした。介護福祉士の仕事はやりがいがありずっと続けたい仕事だったので、転職をする際は職場の雰囲気や人間関係などを重視して、長く働ける職場を探していました。

そんな時、インターネットで気になる求人を見つけて応募したのがワークステーションの介護福祉士の仕事でした。応募後の丁寧で早い対応に誠実さを感じ、すぐにスタッフ登録をしました。
派遣や紹介会社を利用するのは初めての経験でしたが、担当の方から仕事内容や施設の雰囲気など細かく説明していただき、安心してお話を進めることができました。その後、担当の方と同行で職場見学もあり、とても心強かったです。私が重視していた職場の雰囲気や人間関係も事前に確認することができました。

前職の事もあり、何より楽しく働きたいと考えていましたが、今の職場は働いていると自然と笑顔になる素敵な職場です。職員同士が何でも相談できる関係で、協力し合える体制なのでとても働きやすく、同年代の職員が多いところも励みになっています。小さな施設なので利用者様との距離が近く、じっくり関われるところも自分に合っていると感じています。

今は派遣社員として勤務していますが、派遣期間終了後は直接雇用で継続したいと思っています。
良い職場を紹介していただき、ありがとうございました。

~ワークステーション 担当者から一言~

現在、勤務されている施設へは何度も訪問したことがあり、その度に職員の方々が笑顔で和気あいあいと仕事をされている姿を見ていました。以前にワークステーションから派遣就業していた看護師さんからも職場の人間関係が良く働きやすいと聞いていた為、Sさんの重視されている“雰囲気の良い職場”にぴったりだと思い、お話を進めさせていただきました。また、派遣期間を経て直接雇用になる紹介予定派遣でのご提案ができたので、派遣期間中にご自身で就業環境を確認していただけるところもSさんに合っていて良かったと思います。

派遣期間終了後もお仕事を続けたいと聞いてとてもうれしく思っています。

Sさんは、いつも明るく笑顔が素敵な女性です。今後も楽しく笑顔で勤務していただきたいです!これからも末永くよろしくお願いします!

体験談No.2『正職員になりたいと思う職場に出会えました』

病院/看護助手
(看護助手経験17年) 40代女性 Fさん

週3日程度で勤務できる看護助手のお仕事を探していたときに出会ったのがワークステーションでした。

登録面談の際には、私の希望する仕事内容や環境を熱心に聞いてくださり、いくつかのお仕事をご提案いただきました。そして、その中からひとつの病院に見学に行くことになりました。
病院見学とその後の面談には担当の方も同行していただき、緊張している私をサポートしてくださいました。その時の病院の雰囲気が私に合っていると感じ、すぐに勤務を決めました。

実際に働いてみると、看護師さんも看護助手さんも優しい方が多く、とても働きやすい職場でした。早く仕事を覚えたいと思い、勤務日数を当初の週3日から週4日に増やしたいと担当の方に伝えると、就業先(病院)へ相談してくださり週4日で勤務できることになりました。お陰で早く業務も覚えられ、職場の皆さんや患者さんとも仲良くなることが出来ました。

職場環境や仕事内容に満足して毎日を過ごしている中、正職員として働きたいという気持ちが湧いてきました。担当の方に相談すると、病院側へ私の気持ちを伝えてくださり、正職員として勤務できることになりました。その際の就業条件も担当の方が病院側と細かく調整してくださったので、スムーズに正職員としての業務に就くことができました。

週3日で働けるお仕事を探していた私が、3ヶ月後には正職員として働いているなんて誰が考えていたでしょう。働きやすい職場を探してくださったワークステーションありがとうございます。今でも楽しく働いています!

~ワークステーション 担当者から一言~

Fさんは、面談時から人の良さが滲み出ている方で、一緒にお仕事をしたいと思える方でした。実際に今の就業先からも、「とてもよく働いていただいて助かっています!」と良い報告しかありませんでした。ご紹介できて本当に良かったと思います。週3日の勤務希望だったFさんが、正職員になりたいと思える職場に出会えたこと、そのお手伝いが出来たこと嬉しく思っています。これからも応援しています!

体験談No.1『初めての派遣でもしっかり説明してもらえて安心でした』

デイサービス/介護職
(介護職経験8年) 40代女性 Mさん

専業主婦になって一年が経ち、そろそろ働きたいなぁと仕事を探し始めてすぐに、私の希望条件に合ったお仕事をワークステーションのホームページで見つけました。“家から近い介護職“ シンプルですがなかなか出会えないお仕事です。早速応募し、詳しいお話しを聞くとやっぱり希望通りのお仕事でした。ただ唯一、雇用形態が派遣ということに引っかかっていました。

働く期間が決まっている派遣社員として働くことに抵抗があった私は、悩んだ末にお断りをしようと思っていました。そのことをワークステーションの担当の方に相談すると、私の持っている不安を聞いて、ひとつひとつ丁寧にご説明してくださったんです。派遣社員でも更新して長期間勤務できることや、経験を積んで他の就業先へステップアップできるメリットなども知りました。しっかりとご説明いただいたおかげで、派遣で働くことにも抵抗がなくなり、希望条件に合ったお仕事にチャレンジする決心がつきました。

それから半年間、派遣社員としてこちらのデイサービスで働きました。その後、派遣先(デイサービス)から正社員として働いてほしいとワークステーションを通して打診がありました。
ワークステーションのホームページでこのお仕事を見つけた時は、派遣社員から正社員になれるなんて思ってもいなかったのでびっくりしましたが、頑張りが認められて正社員になるケースがあると担当の方から教えていただき、正社員として働くことをお受けしました。その後、担当の方が派遣先と私の間にたって、正社員になってからの就業条件など細かいところまで調整してくださいました。
派遣社員の時は週4日勤務だったので、フル出勤の正社員になってからきちんと勤務できるか不安でしたが、今は家庭と仕事を両立しながらとても充実した日々を送れています。

相談にのってくださった担当の方、ありがとうございました。このお仕事に就けて良かったと心から思っています。これからもよろしくお願いします!

~ワークステーション 担当者から一言~

ご家庭との両立を考えておられたMさんには、「ご自宅から近いこと」「今までのご経験を活かした介護職であること」が揃ったこのお仕事は本当にピッタリだったので、雇用形態が派遣だからという理由だけでお断りされるのはもったいないと思いました。まずは、派遣で働くことがどういうことなのかをしっかりとお伝えし、ご理解いただいてからお話を進めていきました。
勤務先の施設から正社員への打診があった時も戸惑っていらっしゃいましたが、そちらも施設側の思いをお伝えし、正社員で働くことについてじっくりお話しをしました。

何事にも慎重なMさんは職場からの信頼も厚く、派遣社員から正社員へのお話もいただけたのだと思います。
これからも何かあれば今まで通りご連絡ください!そしてお仕事頑張ってください!!