体験談No.4『未経験から看護助手にチャレンジ!将来の夢もできました』

病院/看護助手(看護助手経験なし)
20代女性 Iさん

高校卒業後、やりたい仕事がなかった私は接客業を中心に働いていました。

ある日、久々に会った友人から彼女の勤め先である病院の話を聞き、”医療業界で働くこと”に興味がわきました。それまで医療業界とは無縁だったので「今の自分でも医療に携われる仕事はあるのかな?」と少し不安に思いながら、まずはインターネットで医療関連の仕事を検索してみました。そこでワークステーションのホームページを見つけてからお仕事を紹介してもらうまで、本当にあっという間でした。

インターネット応募をすると、担当の方から「これからのキャリアプランや希望をお伺いしたいので会ってお話ししましょう!」とすぐにご連絡いただきました。実際にお会いして話す中で、初めて看護助手という仕事を知りました。担当の方が親身になって相談に乗ってくださり、医療業界で働くことが実現するかと思うとワクワクしたことを覚えています。

その後、紹介していただいた病院には、ワークステーションの派遣スタッフがたくさん勤務されていて、初めて看護助手として働く私も安心して仕事をスタートすることができました。そして、身近で働いている看護師さんの姿を見て「もっと幅広く患者さんの役に立ちたい、看護師になりたい!」と思うようになりました。

医療業界で働いてみたいという漠然とした思いを、看護師になりたいという夢に変えてくれたのは、お仕事を紹介していただいた後も、何かと私のことを気にかけて相談に乗ってくださった担当の方のお陰です。未経験の私に合った職場と素敵な仕事に出会う機会を与えていただき、感謝しています。

~ワークステーション 担当者から一言~

初めて電話でお話した時に、とても丁寧な口調で感じが良かったのでつい話が長くなってしいました。すみません。

医療業界は初めてで不安とのことだったので、しっかり教えてくれてサポート体制の整っている職場が一番だと考え、今の職場(病院)を紹介致しました。

看護助手として成長され、いつも前向きにお仕事に取り組まれている姿を見てパワーをもらっています。これからも将来の夢にむけて頑張って下さい!

ワークステーション

投稿者: ワークステーション

介護・福祉・医療分野の転職や派遣のお仕事をお探しの方をサポートしているワークステーション。 1984年創業以来、関西を中心に医療・福祉に携わる方と、真心を込めた”Face to Face”のおつきあいで、信頼関係の構築に努めてきました。 現場を知るために、社員が病院や福祉施設で介護の実務を経験。また、ボランティア活動として福祉施設へ音楽演奏に出かけたりと、人材の派遣や紹介だけでなく、私たちと関わったすべての人が笑顔になるサービスを目指しています。